マッチングアプリ

【最重要】デート率が格段に上がるプロフィール写真設定のコツ

好印象を与えるプロフィール写真はデート率が上がる!

みなさんはプロフィール写真できちんとアピールできていますか?

プロフィール写真はただの自己紹介ではありません。
自分が異性にとって「価値があるんですよ」と伝えるものなんです。

マッチングアプリでは、画像を数秒で判断されスワイプされる訳です。
文章をきちんと書いてあっても、写真がイケてないとそれ以上見てもらえることはありません。

今回の動画ではマッチングアプリ専門家の伊藤早紀さんがデート率がアップするプロフィール写真の設定方法を紹介してくれています。

デートできる確率が上がる3つのコツ

  • おすすめ枚数は5枚
  • 最初の3枚は自分の写真
  • 残りの2枚は好きなことが伝わる写真

写真は1枚だけではなく、必ず複数枚、設定する様にしましょう!

 

自分の写真を3枚までにする理由

自分の写真ばかりだとデートに行ける確率が下がってしまいます。

なぜなら顔が判別できる写真が複数あると、人はその写真の中の「平均点」もしくは「最低点」で評価するからです。

それに加えて「ナルシスト」と判断される可能性もあります。

 

残りの2枚でデートの口実を作る

女性とのマッチング後、デートまで上手くこぎつける為には「誘い方」が鍵を握ります。
ここで、自分の写真以外の2枚が大きな力を発揮します。

好きな物の写真を設定しておけば、女性は高い確率でその写真を見てくれています。

マッチング後の会話の中で、プロフィールに設定している写真を話題に持って行けば、「もしよかったら今度に一緒に行こうよ」とデートに誘う口実にすることができるのです。

 

大きいお願いから小さいお願いへ

設定している写真が、ボルタリング・ライブ・フェス等の少し初デートに誘うにはハードルが高い趣味の場合、「今度ボルダリングに一緒にいきましょう」の後に、「まずはご飯からいきましょう!」という順番で誘うといいです。

最初に大きいお願いをした後に、小さいお願いをすることでお願いの承諾率を上げることができます。

なので、もしメッセージの最中で全然趣味の話題にならないと思ったら、相手のプロフィール写真や、文章について聞いて見てください。

実際、伊藤早紀さんの友人もボルタリングの写真を設定していて、趣味のボルタリングを口実にデートに誘ってるみたいです!

 

好印象を与える写真

自分が映っている3枚の写真も、好きなことをしている最中の写真だとベストです。
好きなことをしているときはリラックスして楽しそうな表情をしています。

「笑顔」を意識しながら、好きなことを伝えつつ好印象も得ちゃいましょう!

 

まとめ

写真はプロフィールの中で、一番最初に入ってくる情報です。
女性の目を惹く工夫を凝らして、ライバルとの差別化を図りましょう!

YouTubeチャンネル【マッチングアプリ専門家さき】では、マッチングアプリで絶対に使うべきテクニックや必要な知識を数多く配信しています。
興味がある方はチャンネル登録をおすすめします。

 

ご注意

コロナの影響でマッチングアプリのユーザーが二極化しています
コロナの影響で
  • すぐに会いたい
  • じっくり結婚も見据えた相手を見つけたい
というニーズで、ユーザーがくっきりと別れ、どっちつかずのアプリは現在マッチしにくくなっています。
  • 『すぐに会いたい人』は、ハッピーメール。
  • 『じっくり結婚も見据えた相手を見つけたい人』は、ユーブライド。
がおすすめです。 直近で誰かと会いながらも、じっくり結婚相手も見つけたい人は、この2つを同時に使い分けるのも有効です。   元AKB48メンバーで、SDN48ではキャプテンを務めた野呂佳代さんがCMを務めており、『出会えた率 74.5%』を誇る日本最大級のマッチングアプリです。 『すぐ会いたい方』は、まずハッピーメールがおすすめです。

ハッピーメールの公式サイトへ

    ミクシィグループが運営する『成婚実績No.1』を誇るマッチングアプリです。 本人確認の徹底や遊び目的での登録排除、24時間セキュリティなど『安心安全なネット婚活』で 結婚も見据えてじっくり相手を見つけるなら、最強の婚活サイトです。

ユーブライドの公式サイトへ

  他のアプリは現在、非常にマッチしにくくなっていますから、ご注意ください。    

-マッチングアプリ
-, , , ,

© 2021 出会いの教科書 Powered by AFFINGER5