マッチングアプリ

【マッチングアプリ】援助交際をしている女性に制裁を与えよう

大食い企画等のポップな企画から世の中に蔓延る闇を暴くダークな企画まで、ジャンルを問わず魅力的なコンテンツを発信するYouTubeチャンネル「ハイチューHichuu」

今回ご紹介する動画では、マッチングアプリ上で援助交際目的で活動する女性とアポをとり、「ハイチュー」メンバーのうちの1人が説教をしていくという企画になっています。

死闘のジャンケンの末、挑戦者はメンバーの「シオン先生」に決定。既に連絡をとっている女性とのアポ現場に向かいます。

 

■待ち合わせ場所へ

駐車場の車中にて女性を待つシオンさん。メンバーは向かいの車中にて待機して動向を伺います。

暫くして、待ち合わせ場所に現れます。かなり可愛い女性らしく、メンバーも羨ましそうな雰囲気です。

年齢は26歳で、ゴムありなら1.2万・無しなら1.5万というのが女性の提示してきた条件です。

「一万円でいけへんの?」と交渉するシオンですが、女性は即座に却下します。

 

■なんで?攻撃

価格交渉に応じない女性に対して、「なんで?」・「100円でも高くない?」「お金払ってするもんでもないやん」と、問い詰めるシオンさん。

更に援助交際をしている理由を聞き正していきます。

その理由としての返答は「お金が欲しいから」という至極当然な答えでした。あまりにも、質問責めをしてくるシオンさんに「じゃあ、やめる?」と女性もとうとう怒りはじめます。

 

■帰ろうとする女性

機嫌を損ね「じゃあ、辞める?」と帰ろうとする女性。

しかし、「今日何人目?」・「俺が初めてなん?」シオンさんは構わず話を続けます。

「今日はこれで最初」と質問に答える女性。

これに対して、「1日に1万5千円もらっても普通に仕事してるんと変わらへん」・「ホテルいこホテルいこ」と謎理論を展開するシオンさん。

「お金払ってくれんの?」と女性からの問いかけも「5000円ならいいよ」と、またしても値切ろうとします。

堪忍袋の尾が切れてしまったのか「いらん!大丈夫」と車から出て帰ってしまいました。

 

■まとめ

メンバーが乗る車中に戻り動向の報告をするシオンさん。

今回会った女性は相当に可愛かったそうで、風俗でよくあるパネルマジックに騙される位なら素人で可愛い援交女を捕まえた方がコスパが高いのではないかという見解を出されていました。

 

ご注意

コロナの影響でマッチングアプリのユーザーが二極化しています
コロナの影響で
  • すぐに会いたい
  • じっくり結婚も見据えた相手を見つけたい
というニーズで、ユーザーがくっきりと別れ、どっちつかずのアプリは現在マッチしにくくなっています。
  • 『すぐに会いたい人』は、ハッピーメール。
  • 『じっくり結婚も見据えた相手を見つけたい人』は、ユーブライド。
がおすすめです。 直近で誰かと会いながらも、じっくり結婚相手も見つけたい人は、この2つを同時に使い分けるのも有効です。   元AKB48メンバーで、SDN48ではキャプテンを務めた野呂佳代さんがCMを務めており、『出会えた率 74.5%』を誇る日本最大級のマッチングアプリです。 『すぐ会いたい方』は、まずハッピーメールがおすすめです。

ハッピーメールの公式サイトへ

    ミクシィグループが運営する『成婚実績No.1』を誇るマッチングアプリです。 本人確認の徹底や遊び目的での登録排除、24時間セキュリティなど『安心安全なネット婚活』で 結婚も見据えてじっくり相手を見つけるなら、最強の婚活サイトです。

ユーブライドの公式サイトへ

  他のアプリは現在、非常にマッチしにくくなっていますから、ご注意ください。    

-マッチングアプリ
-

© 2021 出会いの教科書 Powered by AFFINGER5