マッチングアプリ

Dineはお持ち帰りに向いてる?徹底解説していきます。

30代・40代の草食系の親父がマッチングアプリで女性を落とす為のテクニックを発信しているYouTubeチャンネル「ねこ松本」

今回ご紹介する動画では、マッチングアプリ「Dine」について徹底的に解説してくれており、「ペアーズや他のアプリに比べてどうなのか」・「お持ち帰りに向いているのか」を解説してくれています。

 

■Dine(ダイン)他のアプリとの違いは?

Dineはお店をリクエストしてからマッチングを開始します。

お店はアプリ側で決められており、都内だと恵比寿・中目黒・銀座・東京・渋谷・青山・六本木・新宿といったエリアから約100店舗のお店を選択できます。

 

■リクエスト方法

基本的にTinder等と同様にスワイプ方式で、仕分けをしていきます。

「TODAY'SPICKS」という項目で、で1日に10人くらいオススメの女性が表示されます。

女性の写真の下にお店が並ぶ、女性のプロフィール側で設定したお店が表示され、全部で10店舗選択する事ができます。

ちなみに「TODAY'SPICKS」の画面に表示されるのは、そのうちの3店舗のみとなります。

その中で一緒に行きたいお店を上側にスワイプすると、相手側にリクエストを送った事になります。

どんなお店か見たい場合はお店の写真をクリックすると、食べログのページが表示されます。

お店の価格帯を¥マークの数で計る事ができ、この数が多いほど高級なお店であることを表します。(5段階評価)

 

■2.Dine(ダイン)基本的な特徴

”Dine Gold”会員は、毎日「TODAY'SPICKS」10人にリクエストを送る事ができます。

更に「Dine Platinum」会員になると、「TOP SPICKS」という検索機能が使える様になります。スワイプ式ではなく、ペアーズ等の一般的なマッチングアプリの様に検索して相手を選ぶことが出来るのですが、”人気ユーザー100人”までしか選べないというデメリットもあります。

ちなみに、ねこ松本さんは基本的に”Dine Gold会員”で十分という結論を出されています。

 

■3.Dine(ダイン)基本的な特徴

基本的な特徴として挙げられるのが、

・メッセージの交換の必要はほとんどない

・女性の質は高い(年齢層は20代後半が多い)

・お店の料金も高い(2人で1万円~5万円程度)

上記の様に余計なやりとりが省ける分、時間的な効率も高く更に女性の質も高いです。しかし問題点として挙げられるのが、やはり選ぶお店の料金はどれも平均的に高く、お金がかかってしまうという点です。

 

■4.Dine(ダイン)の注意点

プロフィールにおごりマークがついていないと、マッチ率が下がる傾向にあり、男性は基本的に奢ることが前提となっています。

その他にもご飯目的の女性が多く、タダ飯狙いでアプリを利用している人が一定数います。

 

■5.お持ち帰りについて

ねこ松本さんによると、Dineでお持ち帰りを狙うのは不可能ではないものの、非常に難易度が高く、上級者向きなのだそうです。

まず、選択するお店・地域が決まっている為にその地域にホテルが無い場合がありますし、横並びや個室の店も選択する事ができないので非常に距離感を詰める事が難しいのです。

実際、ねこ松本さんも10人もの女性とDineから出会ったそうですが、お持ち帰りに至った事はないそうです。

前述しましたが、アプリの特性上ご飯目的の女性が多いので、そもそも不利な戦いを強いられます。

 

■料金設定

下記がDine Gold・Dine Platinum両者の料金設定になります。

・Dine Gold

1か月プラン 6500円/月

3か月プラン 4800/月

※毎月30コインがもらえる

・Dine Platinum

1か月プラン 6500円/月

3か月プラン 4800円/月

※毎月30コインがもらえる

前述した様に料金は同じですが、使える機能にそれぞれ違いがあります。

 

■コインでできること

コインを使う事によって、TODAY'SPICKSで1コインあたり5人追加する事ができます。

更に、1コインでスペシャルリクエストを送る事ができます。

これは、一人に対する二度目のリクエストが出来る様になり、ねこ松本さん曰く、意外にマッチング率を上げることが出来るとの事です。

 

■7.まとめ

お金と時間に余裕がある人向きであることが分かりましたね。

ただし、タダ飯目的の女性がどうしても多いので、その点は注意が必要です。

難易度が高いが質のいい女性のお持ち帰りにチャレンジしたいという方は利用してみる価値はあると言えるでしょう。

 

ご注意

コロナの影響でマッチングアプリのユーザーが二極化しています
コロナの影響で
  • すぐに会いたい
  • じっくり結婚も見据えた相手を見つけたい
というニーズで、ユーザーがくっきりと別れ、どっちつかずのアプリは現在マッチしにくくなっています。
  • 『すぐに会いたい人』は、ハッピーメール。
  • 『じっくり結婚も見据えた相手を見つけたい人』は、ユーブライド。
がおすすめです。 直近で誰かと会いながらも、じっくり結婚相手も見つけたい人は、この2つを同時に使い分けるのも有効です。   元AKB48メンバーで、SDN48ではキャプテンを務めた野呂佳代さんがCMを務めており、『出会えた率 74.5%』を誇る日本最大級のマッチングアプリです。 『すぐ会いたい方』は、まずハッピーメールがおすすめです。

ハッピーメールの公式サイトへ

    ミクシィグループが運営する『成婚実績No.1』を誇るマッチングアプリです。 本人確認の徹底や遊び目的での登録排除、24時間セキュリティなど『安心安全なネット婚活』で 結婚も見据えてじっくり相手を見つけるなら、最強の婚活サイトです。

ユーブライドの公式サイトへ

  他のアプリは現在、非常にマッチしにくくなっていますから、ご注意ください。    

-マッチングアプリ
-

© 2021 出会いの教科書 Powered by AFFINGER5