マッチングアプリ

芸能人のマッチングアプリ事情を大公開!

現在お付き合いしてる彼氏は、マッチングアプリをきっかけに付きあったという第一線で活躍する芸能人としては少し異色な餅田コシヒカリさん。

今回ご紹介する動画では、餅田さんがマッチングアプリを利用するに至った経緯や、利用していく中で起きた出来事を赤裸々にお話してくれています。

男女共に非常に学びのあるお話なので、是非とも最後までご覧いただきご参考ください。

 

■マッチングアプリとは?

マッチングアプリとはそもそもなんぞや?という方もいらっしゃると思います。

有名どころでいうと「Pairs」•「Tinder」等があり、性別も関係なく出会える「マッチング」するアプリになります。

出会い系サイトと言われる人もいますが、出会い系よりももっとカジュアルで今時なのがマッチングアプリです。

 

■マッチングアプリを始めた理由

何故、餅田さんがマッチングアプリを始めたというと、「最初は彼氏が欲しかった。」という至極単純な理由からだったそうです。

高校卒業して仙台から上京して専門学校に行って、出会いが無かったとのこと。

大体20歳位から利用を始め、何人かと出会いお付き合いもしたそうです。

その中で付きあった最長期間は5年。一人の男性とは、平均一年以上はお付き合いをしていたそうです。

ちなみに餅田さんは出会いに慎重なタイプだったこともあり、長い利用歴にも関わらずこれまで、あまり嫌な経験をした事はないとのこと。

 

■マッチングアプリの種類

マッチングアプリは女性が登録費無料なところが多く、男性はアプリによって有料・無料があります。

男性が有料のアプリの方が多く、そちらの方が男性側も真剣に出会いを探している方が多いとのこと。

餅田さん曰く、男女無料のアプリの方はカジュアルな出会いをしている人が多い印象なんだとか。

また女性は登録後、課金することによって良い男性と出会えるアプリもあります。

自分の出会いの条件に合うアプリを見つけましょう。

ちなみに餅田さんが利用していたアプリは女性が無料で男性が有料タイプのアプリだったそうです。

 

■マッチングアプリを使って出会うまでの流れ

マッチングアプリは女性と出会いたいか男性と出会いたいか選ぶことができ、餅田さんの周りにも、女性同士だと友達とかを探している方が多かったそうです。

アプリを開くと、場所・年齢・年収の平均を入力するとオススメの男性が表示されます。

それに対して、その中で「いいな」と思った男性に「いいね」をを押していくのがベースの使い方になります。

その後、いいねをした男性からいいねが返って来たらマッチングが成立し、メッセージのやりとりができる様になります。

この先は女性から送ってもいいし、男性から送ってもいいし、各々の使い方次第になります。

ちなみに餅田さんは、慎重派なのでいいねを送ってきてくれる男性を待っていたとのこと。

 

■プロフィール設定

プロフィール欄は、趣味・特技等を細かく設定する事ができます。

餅田さんは芸人をやってることを男性に会ってから言いたかったので、「芸能関係です」とだけ軽く記述していたそうです。

プロフィールをしっかり書いている人の方がいいねが多い傾向にあります。

そもそも会員比は男性が多く、女性が少ないので、やはり「いいね」を男性がいいねを得るには、プロフィールが充実していたり、どういう仕事をしていて休みの日はこういう事をしていて、〇〇が好きだという事を詳しく書く必要があります。

更に年収も嘘はつかずに普通に書いた方がいいでしょう。盛って書く方が怪しいです。

 

■どういう人を求めているかはっきりと書く

ワンナイトは求めていない。将来を見越せる様な人を探しています。等のアプリ内で求める相手の条件は確実に書く様に心がけておきましょう。

ちゃんと書いていた方が相手にも優しいですし、無駄なやりとりを省くこともできます。

 

■コミュニティ

コミュニティに入ることで趣味が同じ人と出会いやすくなりますし、会話に困ることが無くなります。

そこからは会話を膨らませて、そこからすぐにLINEに移行したり、時間をかけてアプリ内で連絡してから食事に行く様なパターンもあります。

 

■電話してから会うべし

文字だけのやりとりだと、その人の事を細かく判断する事は難しいです。

そこで一度電話をするだけでも言葉遣いや喋り方等、会話の弾み具合を確認することができます。

餅田さん曰く、一発目から弾む人は付き合ってもいい人が多かったし、明るくて楽しい人も多かったそうです。

 

■写真

マッチングアプリは写真を登録する事ができます。

もちろん顔なしでも登録することは可能ですが、大体マッチングしません。

よく間違いガチなのが、マッチングしたいからといっていい写真ばかりを選び過ぎるということです。

ちょっと盛れてない位の写真でマッチングして、実際に会った時に「可愛いね」と言われた方が絶対に嬉しいはずです。

 

■割り勘か男性持ちか

餅田さんが登録していたアプリでは、プロフィールにファーストデートは男性が払うか、払わないという選択肢があったそうです。

ここをちゃんと確認しておくことで、男性の懐の大きさを図る事ができそうですね。

 

■終電を気にしない男性

男性が「そういう目的」であるかどうかは、終電間際の駆け引きでわかります。

やはり。ちゃんとしてる人は終電の時間を気にしてくれますし、11時過ぎになると、「大丈夫?終電?」と確認が入ります。

逆に終電気にせずに何も言ってこない男性は非常に怪しいといえるでしょう。

 

■餅田さんがマッチングした人の話

餅田さんはこれまで、「イケイケのホストなんじゃないかな」という人とばかり、付き合ったりしてたそうです。

遊ばれた経験も多かったそうで、最初のデートがパチンコ屋だったりもしたとのこと。

しかしながら、今餅田さんが付き合ってる男性はマッチングアプリで知り合った方ですが、"The友達"みたいな感じだったそうです。

 

■出会いが少ないのを理由にしている人こそマッチングアプリを使うべき

マッチングアプリを使う事によって色んな人と出会えるし勉強になることもあります。

中に嫌な人もいたし、大手の会社で働いている人もいる。いれんな人といろんなことを喋る事ができるのです。

もしかしたら中には怖い経験してる人もいるかもしれませんが、アプリの選び方だったり
、すぐ会おうとしてくる人を信じない様にすることで対処できます。

 

■課金制度

男性は一日にできる「いいねの数」が限られています。その為、課金することでいいねを購入することができます。

 

■昼デートがおすすめ

餅田さん曰く、意外と昼デートはカップル成立度が高めなんだそうです。

やはり、どうしてもしてマッチングアプリは「飲みましょう」みたいな会話になりがちですしら、女性も夜デートには不安があります。

しかしながら、お昼のデートでカフェなら男性の体目的感も無いので、女性も非常に安心感を抱けます。

 

■まとめ

マッチングアプリの魅力は伝わりましたでしょうか?

「出会いが無いなぁ」とか、「そろそろ欲しいみたい」に思っている方がいらっしゃれば、今回の動画を参考にして、一度登録してみてはいかがでしょうか?

 

ご注意

コロナの影響でマッチングアプリのユーザーが二極化しています
コロナの影響で
  • すぐに会いたい
  • じっくり結婚も見据えた相手を見つけたい
というニーズで、ユーザーがくっきりと別れ、どっちつかずのアプリは現在マッチしにくくなっています。
  • 『すぐに会いたい人』は、ハッピーメール。
  • 『じっくり結婚も見据えた相手を見つけたい人』は、ユーブライド。
がおすすめです。 直近で誰かと会いながらも、じっくり結婚相手も見つけたい人は、この2つを同時に使い分けるのも有効です。   元AKB48メンバーで、SDN48ではキャプテンを務めた野呂佳代さんがCMを務めており、『出会えた率 74.5%』を誇る日本最大級のマッチングアプリです。 『すぐ会いたい方』は、まずハッピーメールがおすすめです。

ハッピーメールの公式サイトへ

    ミクシィグループが運営する『成婚実績No.1』を誇るマッチングアプリです。 本人確認の徹底や遊び目的での登録排除、24時間セキュリティなど『安心安全なネット婚活』で 結婚も見据えてじっくり相手を見つけるなら、最強の婚活サイトです。

ユーブライドの公式サイトへ

  他のアプリは現在、非常にマッチしにくくなっていますから、ご注意ください。    

-マッチングアプリ
-

© 2021 出会いの教科書 Powered by AFFINGER5