出会い系

出会い系で体を売ってきた女性が経験した一番怖かった出来事

出会い系アプリを利用する際に気になるのが、その安全性ですよね。今回は、月【tsuki】さんが経験した怖い出来事を紹介します。月【tsuki】さんは、一見普通の女の子のようですが、出会い系の話も含めかなりきわどい話題を扱っているので、興味のある人はチャンネル登録をおすすめします。

マッチングアプリで体を売る

月さんは、学校を卒業したあとお金がなく、マッチングアプリで出会った人と体の関係を持っていました。好意がない男性ともできるタイプだったので、これをビジネスにできないかと考え、出会い系のチャットアプリで「私の体買いませんか?」というメッセージを送っていたそうです。かなりの男性から、「〇〇円でどうですか?」という返事があり、そのうちの一人と会うことになりました。その男性は月さんより年下でしたが、会社経営者で話しているときもごく普通の爽やかな男性だったそうです。

突然豹変した男性

ホテルに入った瞬間、男性は人が変わったかのようになり、月さんは手をガムテープで拘束され、目隠しをされました。最初は「そういうプレイが好きなのかな?」と思い、抵抗もしなかったそうです。暴力をふるわれ、おしっこを飲まされ、さすがにやばいと感じた月さんでしたが、密室で拘束されていたためどうすることもできず。お尻にも挿入され、他にも色々なことをされましたが、その時病んでいた月さんは「死ぬのかな、でも殺してくれるならいいか。」と考えていました。ずっと抵抗していると男性は行為をやめ、次に月さんの持ち物を物色し始めました。

男性はお金と身分証が目当てのようでしたが、月さんはその日、身分証を家に置いてきており、お金もホテル代を男性に出してもらうつもりだったので小銭しか持っておらず、運良く何も盗られることはありませんでした。もしこの時身分証を盗られていたら、それを盾に脅されていたことでしょう。その後男性は月さんを解放し、2人はホテルを出ました。

当時を振り返り

お金を払って行為をする男性は、特殊な性癖の持ち主である場合が多く、自分の彼女に対してはできないようなことをしたいので、お金を出して相手を探すようです。月さんはこの件に関して反省しており、「知らない人と金銭のやり取りをしないこと、身動きのとれない状況にならないこと、知らない人と会う際は身分証は持っていかないこと」の3点を教訓として挙げています。体を使って仕事をしたいのであれば、風俗など専門のお店で働くのが良いですね。というわけで、月さんの「出会い系をしてて一番怖かった出来事」でした。

 

ご注意

コロナの影響でマッチングアプリのユーザーが二極化しています
コロナの影響で
  • すぐに会いたい
  • じっくり結婚も見据えた相手を見つけたい
というニーズで、ユーザーがくっきりと別れ、どっちつかずのアプリは現在マッチしにくくなっています。
  • 『すぐに会いたい人』は、ハッピーメール。
  • 『じっくり結婚も見据えた相手を見つけたい人』は、ユーブライド。
がおすすめです。 直近で誰かと会いながらも、じっくり結婚相手も見つけたい人は、この2つを同時に使い分けるのも有効です。   元AKB48メンバーで、SDN48ではキャプテンを務めた野呂佳代さんがCMを務めており、『出会えた率 74.5%』を誇る日本最大級のマッチングアプリです。 『すぐ会いたい方』は、まずハッピーメールがおすすめです。

ハッピーメールの公式サイトへ

    ミクシィグループが運営する『成婚実績No.1』を誇るマッチングアプリです。 本人確認の徹底や遊び目的での登録排除、24時間セキュリティなど『安心安全なネット婚活』で 結婚も見据えてじっくり相手を見つけるなら、最強の婚活サイトです。

ユーブライドの公式サイトへ

  他のアプリは現在、非常にマッチしにくくなっていますから、ご注意ください。    

-出会い系
-, ,

© 2021 出会いの教科書 Powered by AFFINGER5