出会い系

ヤリモク男子が教えるマッチングアプリでヤリモクを避ける3つの方法

ヤリモクの被害から避けてマッチングアプリを使うためにはどのような点に気をつけるべきか?

最近、マッチングアプリを使っている女性が急上昇と思われますが、使っているとヤリモクに遭遇したり、下ネタで不快になった経験はないでしょうか?

そのような被害にあわないために、恋愛カウンセラーのズシが123人の女性と会ってきた中で、「これだけはやめとけ」というマッチングアプリの間違った使い方を3つ紹介していきます。

恋愛カウンセラーのズシは、今までヤリモクとしてマッチングアプリなどを使っており、その経験からLINE公認の恋愛カウンセラーになり、恋愛やコミュニケーションなどの相談に応じているので、気になる方はチャンネル登録おすすめです。

 

ヤリモクを避ける3つの方法

  • ヤリモクの多いマッチングアプリを使わない
  • エロいことを連想させるコミュニティに入らない
  • エロいことを連想させるプロフィール写真を設定しない

読者の方はどれか一つ当てはまるものはないでしょうか?当てはまる方は要注意です。次の章からは3つの方法について深堀りしてお伝えします。

 

ヤリモクが多いアプリを選ばない

約8年前に流行った無料のマッチングアプリについてですが、ズシ自身も2011年ぐらいに実際にやっていました。「ぎゃるる」「スマとも」「ひまトーク」などのアプリが当てはまります。

しかし、真剣に出会いを探したい男性は月額性のマッチングアプリに入って出会いを探す傾向になっていることから、無料のマッチングアプリを使う時点で、「お金をかけてまで出会いたいって思っていない」、「真剣度が低い」、「軽い気持ちでやれる人を探している」といったパターンが多いようです。

それに、無料のマッチングアプリをおすすめしないもうひとつの理由が、治安が悪いことや犯罪多いことです。

そのような危ないアプリの見分け方は、例えば「飲酒喫煙」というワード検索の場合、20歳未満でも検索できるコンプライアンスが低く、避けたほうがいいでしょう。

 

エロいことを連想させるコミュニティに入らない

コミュニティ機能は同じ趣味をさがすことができる便利な機能です。

しかし、注意したいのが、「身体の相性」「キス魔」「首にキスをするのが好き」とか、男性のオスの本能に訴えかける可能性のあるコミュニティには極力入らないほうがいいです。

それに、女性のほうから最初に掲載のはやめたほうがいいと思います。

仲良くなって「この人大丈夫かな?」と思ったときに言う程度にしといたほうがいいでしょう。

ヤリモクがホイホイ食いついてくるので注意が必要です。

 

エロいことを連想させるプロフィール写真を設定しない

プロフィール写真で「顔」「谷間」など、思いっきりオスの本能に訴えかけていることは避けましょう。

その時点で男性は見た時から「ああやりたい」と思ってしまいます。

特にホットパンツや舌をだしている写真なんかは、どれもエロいことを連想させるものばかりなので、ヤリモクを遠ざけたい場合は、刺激的なプロフィール写真は慎むようにしましょう。

 

ヤリモクを遠ざけるように行動することが大事

ヤリモクが好むことをまずわかっていなと避けることができません。

エロに反応するような、オスの本能的に反応しそうな部分というものをイメージしてもらい、「刺激的なコミュニティや写真は止めたほうがいい」、「こういうキャッチコピーで売っているマッチングアプリは使わないほうがいい」、と判断することが重要です。

まずはヤリモクが「何を好んでいるか」考えてアプリやプロフィールを選択することが良いと思います。

 

プロフィールの注意点

プロフィールに「ヤリモクお断り」と書く女性がいますが、それは、「今までヤリモクの人と会ったことがある」とヤリモクに連想され、「ということは俺もヤレルんじゃないか」という風に見られてしまう可能性があります。

また、男性がヤリモクというフィルターをかけた状態でプロフィールを見てしまうので、「ヤレル女」として見てしまう可能性があります。

避けたいのであれば、「最終的に仲良くなれる人と出会いたいです」、「音楽とか映画について深く話せる人が欲しいです」と書くことがヤリモクを避けるキーワードになります。

 

女性が気をつける文章

逆に女性のほうから、「出会えたら結婚します」とか、「付き合ったら絶対離しません」とかは重いし怖いので、

バランスを考えながら真剣な出会いを探しているとアピールすることが必要です。

 

まとめ

マッチングアプリを使う上で、ヤリモクを避けるための3つの方法として、ヤリモクが好むようなアプリ、写真、プロフィールは使わないようにすることが大切です。

まずはヤリモクが好むような行動を理解することからはじめましょう。

 

ご注意

コロナの影響でマッチングアプリのユーザーが二極化しています
コロナの影響で
  • すぐに会いたい
  • じっくり結婚も見据えた相手を見つけたい
というニーズで、ユーザーがくっきりと別れ、どっちつかずのアプリは現在マッチしにくくなっています。
  • 『すぐに会いたい人』は、ハッピーメール。
  • 『じっくり結婚も見据えた相手を見つけたい人』は、ユーブライド。
がおすすめです。 直近で誰かと会いながらも、じっくり結婚相手も見つけたい人は、この2つを同時に使い分けるのも有効です。   元AKB48メンバーで、SDN48ではキャプテンを務めた野呂佳代さんがCMを務めており、『出会えた率 74.5%』を誇る日本最大級のマッチングアプリです。 『すぐ会いたい方』は、まずハッピーメールがおすすめです。

ハッピーメールの公式サイトへ

    ミクシィグループが運営する『成婚実績No.1』を誇るマッチングアプリです。 本人確認の徹底や遊び目的での登録排除、24時間セキュリティなど『安心安全なネット婚活』で 結婚も見据えてじっくり相手を見つけるなら、最強の婚活サイトです。

ユーブライドの公式サイトへ

  他のアプリは現在、非常にマッチしにくくなっていますから、ご注意ください。    

-出会い系
-

© 2021 出会いの教科書 Powered by AFFINGER5