マッチングアプリ

マッチングアプリで絶対NGなプロフィール写真のポイント7つ

カブ婚さんは恋活・婚活・男磨きに関する動画を多数配信しているので興味がある方はチャンネル登録をオススメします。

コロナ禍で恋活・婚活している男たち

まだまだコロナの緊張が続く中で恋活・婚活をしている男たちは何をしたらよいのか。

焦らず、自分磨きに使うのが1番だが、唯一最適な方法がちゃんとしたマッチングアプリを使うこと。

マッチングアプリには良いものと悪いものがあるが、良い悪いはマッチングアプリというのは、自分の目的に合った人と出会えるか出会えないかによってのようです。

ちゃんとした真剣なパートナーを探すために婚活とかを考えてアプリを使う場合は女性がお金を払わないと会員になれないサービス、結婚相談所の延長上になっているようなアプリなどを中心に攻めるとユーザー数は減りますが自分と同じモチベーションの人に出会いやすいようです。

つまり、女性も真剣に婚活するアプリがオススメだと言っています。

この時期、マッチングアプリで出会いを求めている方が多いようですが、思うように出会えないと悩んでいる方から相談を受けることもあるそうです。

カブ婚さんは、オープンチャットでも相談を受け付けているのでお困りの方は利用してみてくださいね。

 

マッチングアプリを使う上での入り口が重要

マッチングアプリでそもそもの入口はプロフィール写真である。

なので、マッチングアプリでこういう写真を使っていたらNG、こういう写真を設定していたらあなたは向いてないということをポイントにしてまとめてみました。

 

ポイント1.自宅での自撮り

男性の50%がこの自撮りで失敗してるそうです。

しかも、自宅での自撮り、いったい何が悪いのでしょう。

理由

・男性の自撮りが女性にはウケがよくない。

・ナルシストに見えやすい

・自撮り慣れしてないのが気持ち悪く感じる

・自宅で、自撮りが嫌がられる

もし、自撮りでも自宅ではなく外へ出て太陽光を浴びた自然な肌の美しさを強調する自然体な写真なら良いということです。

 

ポイント2.SNOWなどで加工した写真

これは、カブ婚さんもやらかしてしまいそうになったとか。

SNOWなどのアプリを使って肌を加工する行為は、女性はよくやりがちですがそのテンションで男も加工してしまうと、女性はドン引いてしまうようです。

真剣に出会いたい女性からすると、「これは何を見せられているのだ!」と。

女性は、自分は加工しているのに男の加工した写真は許さない、これは女性の「なんか」なのでしょうね。

納得いかない男性も女性にドン引かれてしまったら前に進まないのでここは一歩下がって加工するのはやめておきましょう。

するにしても、ちょっと肌が補正されてる程度、女性はそういうアプリに詳しいのでパッと見て、「これは○○だ」とバレてしまうようです。

なので、くれぐれも過剰に加工した写真やエフェクトで遊んだ写真は絶対に使わないようにしましょう。

 

ポイント3.女性が写っている写真

この時点で、信用を失ってしまう恐れがあります。

「浮気をしそう」「チャラそう」という印象を与えてしまうそうです。

仮に、集合写真をアップにして自分だけにしてるような写真でも、女性の髪や服、肩などがちょっとでも写りこんでいるとダメだということです。

女性は、女と写っているだけで完全に相手にされなくなるようですよ。

なので、絶対女性が写りこまない構図の写真を用意しましょう。

 

ポイント4.キメ顔すぎる写真

「どんだけ注文が細かいんだよ」と思われてしまいそうですが、女性が見てちょっと引いちゃうとかマイナスと感じてしまうのを挙げていくと結構細かくなってしまうようです。

キメ顔がダメじゃ、どんな顔をすればよいのか。

これに関しては答えがちゃんとあって、男はクールな感じとか無表情な感じがカッコいいと思われがちで、実際男としては男目線でもそういう表情の写真が良いと思う。

ただ、女性の場合は笑顔や楽しそうにしている写真の方が良く見えるらしいです。

カブ婚さんも婚活専門のスタジオでプロフィール写真を撮りましたが、そのオーナーさんにも男性は「笑顔や楽しそうにしている写真がいいよ」と言われたそうです。

とは言え、いきなり笑顔の写真を撮ることは難しい、自撮りも撮り慣れていない。

なので、専門スタジオか、最近ではマッチングアプリのために写真撮りますみたいなサービスもネットであるので、そのようなサービスを使うこともできると言っています。

自分で良い写真が撮れない人はそういうサービスを利用した方がコスパもいいと言うことです。

 

ポイント5.変顔写真

作戦として陽気で勝負するみたいな気持ちも分からなくはないが、結局チャンスを狭めてしまっているので、普通にしておいて会ってから面白い方が全然良い。

面白写真で攻めておいて、会ってから全然面白くないではめちゃめちゃ最初からハードルが上がってしまう。

そうすると期待もされてしまうし、仮に面白い人が好きなので変顔の人を選んだのに会ったら全然面白くないとなったら非常に残念な結果に終わってしまう。

奇をねらう作戦のようなものは絶対やめておきましょう。

 

ポイント6.顔がはっきり写ってない写真

マッチングアプリのプロフィール写真やマスクはダメだそうです。

顔を隠すような行為はマッチングアプリの審査で落とされてしまうこともあるくらい、AIがちゃんと顔を認識しているのだとか。

顔を出せないとか、マスクで隠したいという人はシンプルにマッチングアプリは諦めた方が良いというぐらいな話だそうです。

顔がちゃんと写ってない写真で出会えることはない、と断言しています。

しかし、男性は女性を選ぶときはマッチングすれば女性なら誰でもいいみたいな使い方をしている人が結構いる。

治安の悪いアプリとかは女性の顏を見ずにワーッとスワイプしている人が結構多いみたいだ。

女性で男性の顏をよく見ないで使う人は詐欺目的があるので変なセミナーに通わされたり変な物を買わされたりするリスクもあるので顔がはっきり写ってないのにマッチングしちゃうということはない。

 

ポイント7.スタンプで隠した写真

女性は上手にスタンプで可愛く加工した写真がありますが、男性はダメなようです。

データで、スタンプで顔を隠した男はダメとでているそうです。

なんでやねん!w

 

まとめ

皆さんも、自分がマッチングアプリで使っている写真を見直してください。

そこで、今日紹介したポイントが1つでも当てはまったら確率がどんどん下がってるので、少しずつ修正していきましょう。

細かいことの積み重ね、せめて減点されるところを減らしていって、当たる的をどんどん大きくしましょう!というお話でした。

 

ご注意

コロナの影響でマッチングアプリのユーザーが二極化しています
コロナの影響で
  • すぐに会いたい
  • じっくり結婚も見据えた相手を見つけたい
というニーズで、ユーザーがくっきりと別れ、どっちつかずのアプリは現在マッチしにくくなっています。
  • 『すぐに会いたい人』は、ハッピーメール。
  • 『じっくり結婚も見据えた相手を見つけたい人』は、ユーブライド。
がおすすめです。 直近で誰かと会いながらも、じっくり結婚相手も見つけたい人は、この2つを同時に使い分けるのも有効です。   元AKB48メンバーで、SDN48ではキャプテンを務めた野呂佳代さんがCMを務めており、『出会えた率 74.5%』を誇る日本最大級のマッチングアプリです。 『すぐ会いたい方』は、まずハッピーメールがおすすめです。

ハッピーメールの公式サイトへ

    ミクシィグループが運営する『成婚実績No.1』を誇るマッチングアプリです。 本人確認の徹底や遊び目的での登録排除、24時間セキュリティなど『安心安全なネット婚活』で 結婚も見据えてじっくり相手を見つけるなら、最強の婚活サイトです。

ユーブライドの公式サイトへ

  他のアプリは現在、非常にマッチしにくくなっていますから、ご注意ください。    

-マッチングアプリ
-, ,

© 2021 出会いの教科書 Powered by AFFINGER5